オリジナルタンブラー・名入れタンブラー印刷ならハンコヤドットコムが運営する名入れタンブラー専門店

全品送料無料

商品:0点 合計:0
当社はAmidAホールディングスの子会社です。
クレジットカード/コンビニ後払い/銀行振込・後払い/月締め請求/PAYサービス

印刷方法について

名入れタンブラー館で名入れができる印刷方法をご紹介します。
タンブラー・ボトル・マグカップ以外にもスープジャーやボトルホルダー・ペットボトルホルダーなど様々なアイテムや素材を取り揃えているので、記念品やノベルティ、イベントの販促品など、用途に合わせた貴社だけのオリジナルグッズが作成できます。

回転シルク印刷 − ボトルなど筒型アイテムに1周ぐるりと印刷可能!

印刷したいアイテムを回転させながら印刷するタイプのシルク印刷です。シルク印刷は印刷したい部分だけインクを通す版を作成し、その版を通して印刷対象にインクを乗せる印刷方法です。版に対してアイテムを回転させるようにして印刷する回転シルク印刷は、タンブラーやマグカップなどに、ぐるりとほぼ一周する広範囲の印刷を施すことができます。アイテムの表面にインクを盛る印刷方法であるため、発色が美しいことや、細かい文字や小さな柄の再現性が高いところも回転シルク印刷の特長です。

どこから見ても柄がある、高級感のある仕上がりに!

台紙印刷(オフセット)は、中の台紙を交換してデザイン変更できるタンブラーの台紙に印刷するため、作成したデザインを、タンブラー本体の形にそってカーブさせる必要があります。方法については、入稿テンプレート内に記載がございますのでご覧ください。

回転シルク印刷でお選びいただけるカラーについて

回転シルク印刷では以下の13色より刷色をお選びいただけます。
※刷色は入稿データのテンプレート内でご指定いただけます。入稿データについて詳しくはデータ入稿ガイドをご覧ください。

  1. ブラックK 100
  2. ホワイトWHITE
  3. レッドDIC 156
  4. グレーDIC 621
  5. ブラウンDIC 333
  6. ブルーDIC 221
  7. パープルDIC 187
  8. ピンクDIC 27
  9. ライトグリーンDIC 128
  10. カーキDIC 356
  11. オレンジDIC 162
  12. イエローDIC 126

回転シルク印刷の作業工程

回転シルク印刷は、印刷したいアイテムが回転し、インクがのるような仕組みです。

パッド印刷 − 小さな面に、細かな表現も再現可能

版に流し込んだインクをシリコンゴムのパッドに写し取り、パッドをアイテムに押し付けることによってインクを乗せる印刷方法です。シリコンパッドは弾力性があるため、多少の曲面や立体的なものにも印刷でき、細かい文字や小さな絵柄もきれいに再現できるのが特長です。
パッドのサイズより大きな面には印刷できませんが、小さいスペースへの印刷を得意とする技法です。シルク印刷よりもインクの厚みが薄く、乾燥時間が少ないため、大ロットの印刷にも向いています。

柔らかなパッドで立体感のある印刷面にも対応

パッドがアイテム表面に馴染み、細かな模様なども美しくプリントできます。

パッド印刷でお選びいただけるカラーについて

パッド印刷では以下の13色より刷色をお選びいただけます。
※刷色は入稿データのテンプレート内でご指定いただけます。入稿データについて詳しくはデータ入稿ガイドをご覧ください。

  1. ブラックK 100
  2. ホワイトWHITE
  3. レッドDIC 156
  4. グレーDIC 621
  5. ブラウンDIC 333
  6. ブルーDIC 221
  7. パープルDIC 187
  8. ピンクDIC 27
  9. ライトグリーンDIC 128
  10. カーキDIC 356
  11. オレンジDIC 162
  12. イエローDIC 126

パッド印刷の作業工程

パッド印刷は、シリコン製のパッドに一度転写した上で、商品にシリコンを押し当て、インクを二次転写する方法です。

レーザー彫刻 − 商品の質感を活かし、高級感を演出

金属製品などの表面をレーザーで削って彫刻を施す手法です。商品そのものの質感を活かすことができ、高級感のある仕上がりになります。塗装面への彫刻でデザインを際立たせたり、塗装のない表面にさりげないデザインを施すのも、幅広い層に好まれる商品となります。表面への印刷ではなく、本体に直接彫り込む彫刻のため、印刷よりも耐久性が高いこともレーザー彫刻の強みです。

手彫りでは再現できない、レーザーの繊細な彫刻

金属製の商品は、素材によって彫刻部分の金属光沢が際立ちます。

彫刻面のカラーについて

レーザー彫刻は印刷ではなく彫刻のため、デザイン部分には下地の色が現れます。
※入稿データは黒(K)一色で作成してください。入稿データについて詳しくはデータ入稿ガイドをご覧ください。

台紙印刷(オフセット) − 台紙を入れ替えてデザイン変更するタンブラーに!

二重構造の本体の中に、オリジナルの台紙を入れることでデザインを変えるタイプのタンブラー用に、台紙の印刷が可能です。通常の紙への印刷と同じ感覚で自由な表現ができ、フルカラーでほぼぐるりと一周する広範囲へのデザインが可能です。

台紙への印刷なので紙媒体向けのデータを利用することも

広告などの紙媒体に使用したデータを流用してデザインデータを作成することも可能です。
※台紙をセットした時に歪みがないよう、データを湾曲させる必要がありますので、詳しくはデータ入稿ガイドをご覧ください。

台紙印刷(オフセット)のカラーデータについて

台紙印刷はCMYKでのフルカラー印刷に対応しております。
※入稿データのカラーモードは必ずCMYKで作成してください。入稿データについて詳しくはデータ入稿ガイドをご覧ください。

昇華転写印刷 − グラデーションなどを含むフルカラーの印刷に対応!

転写紙にプリントした絵柄をアイテムに貼り付け、高温で加熱することで転写紙からアイテムへインクを染み込ませる印刷方法です。フルカラーやグラデーションなどに対応でき、発色も良く広い範囲の印刷に適しています。また、プリントした転写紙を使用するため、版の作成が不要です。
※昇華転写印刷は一部のアイテムのみ対応しております。

フルカラーならではの自由な表現が可能

写真やイラストなど、グラデーションがあるデザインにも対応できます。

昇華転写印刷のカラーデータについて

昇華転写印刷はCMYKでのフルカラー印刷に対応しております。
※入稿データのカラーモードは必ずCMYKで作成してください。入稿データについて詳しくはデータ入稿ガイドをご覧ください。

昇華転写印刷の作業工程

昇華転写印刷は転写紙と印刷対象物を張り合わせ、高温で加熱させることでインクを気化(昇華)させ、印刷物に定着させる方法です。

インクジェット印刷(オフセット) − アイテムに直接フルカラープリント

インクジェット印刷は、アイテムに直接UVインクを吹き付けたあと、UVライトを照射して硬化・定着させる印刷方法です。製版の必要がなく、ライトで硬化させるため乾燥時間も必要ありません。インクジェット印刷の特性上、円筒形のものや立体物には印刷できる範囲が狭くなりますが、ワンポイントのフルカラーにぴったりの印刷方法で、写真やグラデーションも再現することができます。

鮮やかなフルカラーで直接プリント

ロゴをカラーで入れたい場合などに活躍します。

インクジェット印刷(オフセット)でお選びいただけるカラーについて

インクジェット印刷(オフセット)はCMYKでのフルカラー印刷に対応しております。
※入稿データのカラーモードは必ずCMYKで作成してください。入稿データについて詳しくはデータ入稿ガイドをご覧ください。

シルク印刷 − 平面に、細かい模様もくっきり印刷

シルク印刷は印刷したい部分だけインクを通す版を作成し、その版を通して印刷対象にインクを乗せる印刷方法です。アイテムの表面にインクを盛る印刷方法ですので、発色が美しいことや、細かい文字や小さな柄の再現性が高いところもシルク印刷の特長です。人の手で一つひとつ仕上げられるため、アイテムへの圧力も少なく、印刷面を傷めにくい印刷方法です。

一つひとつ手作業で仕上げられた繊細さ

細かな柄や小さめの文字も、丁寧にインクをのせて再現されます。

シルク印刷でお選びいただけるカラーについて

シルク印刷では以下の13色より刷色をお選びいただけます。
※刷色は入稿データのテンプレート内でご指定いただけます。入稿データについて詳しくはデータ入稿ガイドをご覧ください。

  1. ブラックK 100
  2. ホワイトWHITE
  3. レッドDIC 156
  4. グレーDIC 621
  5. ブラウンDIC 333
  6. ブルーDIC 221
  7. パープルDIC 187
  8. ピンクDIC 27
  9. ライトグリーンDIC 128
  10. カーキDIC 356
  11. オレンジDIC 162
  12. イエローDIC 126